RSS | ATOM | SEARCH
騙り語りいんふぉめーしょん!!
ここ数週間ずっと右手の親指の付け根が痛いです。どうも、めいです。





梅雨が来て、夏が来て、また梅雨が来たと思ったら、まだ全然夏で……なかった。もう秋になってた。





もう9月だよ!どうしよう!!みたいな会話を色んな所でしました。





私は1ヶ月ぎっちり詰まってたなぁと思うのでたいして早いとは感じないんですけど、1日の体感はめちゃ早いです。

そらもう、音速並みです。





なんてことを副座長に言ったら、そのうちもっと早くなるよ。…って。

なにそれ怖いです。





こういう話をしてると、昔教科書に載ってた『ネズミの時間 ゾウの時間』を思い出しますね。私だけでしょうか?





それにしても教科書に載ってたものって意外とよく覚えてますよね。イーハトーブの夢、ごんぎつね、三年峠等々…




『清貧譚』もその一つ。

今回座長が語って…基、騙ってくれるということで密かに楽しみです!





ということで、皆様お待たせいたしました!

やって参りましたよ!騙り語り。





『 騙り語り 同年の異才〜その皮膚と心〜』





今年も風格のあるサブタイトル、素敵です。





ここで、知らない方にもご存知の方にもご説明!

〜一の会式、騙り語りとは〜

座長 坂口候一、副座長 熊谷ニーナが演出に矢島正明氏をお招きして毎年行っている公演で、各々の特徴を活かした他にはない語りなのだっっ!!

その1!
一の会お馴染み!座長の語りならぬ騙り!
おもちゃ箱のように出てくるアイディアには語りのはずなのに目が離せません! 今回はどんな人生を見せてくれるのでしょうか??

その2!!
太宰治作品に初挑戦の副座長!
百色の声で太宰作品をどう料理するのか!?変化していく声色・表情にいつの間にか引き込まれます!!気づけばあなたもト・リ・コ☆

その3!!!
一の会では『宝声』と呼ばせていただいております。矢島正明氏。
たった一言がドラマティックになるお声。その表現力で我々をどんな世界へ誘ってくれるのか!?必聴です!!





ホームページよりご予約承っております。
三人三様の語りは一の会だけ。ご来場お待ちしておりますm(_ _)m











それでは、夜中にアイフォンを足に落として悶絶している泉川がお送りしました〜!!





来てくれないと、ほっぺたひっぱっちゃうぞっ!
author:劇団一の会, category:-, 02:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.gekidan-ichinokai.com/trackback/1188250